雨の日の訪問者☔

 

 

 

6月も中旬に入りました♪*。

 

梅雨シーズンのはずなのにまだ梅雨入りもしてなく、

まるで7月の初夏ような天気が続いております☀*。

 

 

梅雨入り前ということで💡

 

雨がたくさん降る前に、ご来店される皆さんに

お願いしたいことがあります…( ー`ωー´)

  

 

 

雨の日は何かと濡れたり、

汚れてしまうと思うのですが…

 

いつの日か雨の日に接客をした後、

入口を見て驚きました(*゚ロ゚)ハッ!!

 

 

 

(ノ*゚ロ゚)ノ ヒイイイイ!

泥棒が家の中に侵入したような足跡がたくさん…!

 

この後、水拭きをしたのですが、

泥がなかなか落ちず大変でした…( ´^`° )

 

 

ご入店の際は入口にありますマットで、

靴底の汚れを落としてからご入店していただきますよう、

ご協力をお願いいたしますね…(´;ω;`)ウッ

 

 

  

 

さて、梅雨の時期と言えば、

会社で不思議体験をしたのを思い出したので、

本日はその話をしようと思います( *¯ ꒳¯*)✧*。

 

 

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

 

 

 

 

それは、

とある雨の日のこと---☔

 

 

降りしきる雨を横目に、

私は事務所でパソコンとにらめっこをしていました。

 

 

ふいに、自動ドアが開く音が聞こえ、

入口に目を向けます。

 

 

「 いらっしゃ ……  」

 

 

いらっしゃいませ、と言いかけたところで、 

私は言葉にするのをやめました。

   

 

人が入ってくる気配がないのです。

 

 

 

 

不思議に思い辺りを見渡しますが、

外はただただ雨が降り続いているばかり。

 

人影も見えません。

 

 

 

 

「 自動ドアの故障か誤作動…? 」

 

 

 

会社の自動ドアは

風の強い日に大きな落ち葉が通り過ぎるだけで、

反応することが時々あります。

 

 

しかしその日は、

雨は強くても、風は吹いておりませんでした。

  

 

 

 

ふと、

下に気配を感じました。

 

 

「 なにかが、

  こちらをじっと見つめている。」

 

 

そんな気配がするのです。

 

 

 

 

この視線は

この世のものなのか…

 

 

恐る恐る見てみると…

 

 

  

そこには……

 

6、7センチはあるのではないかと思われる、

茶色い大きなカエルがいたのです。

 

 

 

\  チャイロイ カエル です /

 

  

その茶色いカエルは、

つぶらな瞳でこちらを見つめていました。

 

 

それにしても、

このカエルが一人で自動ドアを…?

 

 

人間でもたまに反応せず棒立ちになり、

 

「 私には存在感がないのか…?

  まさか私は幽霊だったのか…? 」

 

と思わせる自動ドアという機械を…

いとも簡単にくぐり抜け来店したのです。

 

 

 

 

その後、

大きな茶色のカエルは、

 

「 お邪魔しました 」

 

と言わんばかりに、

雨の中を飛び跳ねて帰って行ったのでした。

 

 

 

   

~ 完 ~

 

 

 

 

いかがでしたか?(*´艸`)

 

 

カエルが一人で自動ドアを開けて、

ショールームに入ってきちゃった!

   

という、なんともびっくり事件でした( ´罒`*)✧”

  

 

   

 

  

それでは本日はこの辺にて。

また次回もよろしくお願いいたします(人´ω`*)

 

 

 

小枝  作:石森

--------------------------------

 

 

 

 

私は、上を見上げて驚くことになる。

まさかあんなところに、あんなものがあるなんて。

 

 

 

 

--------------------------------

 

 

 

 

 

遡ること、数日前。

 

 

会社の窓付近の地面が、

大変汚れていることに気が付いた。

 

 

 

小枝である。

 

いくつもの小枝が地面に散乱しているのだ。

 

 

ホウキを片手によく見てみると、

普通の小枝に混じって可愛らしい黄色い花もある。

 

 

 

 

この小枝たちは一体どこから来たのであろうか。

 

 

最近強風なんて吹いただろうか?

いや、吹いていない。

 

船外機に付着していた海藻だろうか?

いや、海藻ではない。

 

小枝なのだ。

 

 

 

 

この時 私はまだ、

なぜ小枝が大量に落ちているのか分からずにいた。

 

 

 

 

--------------------------------

 

 

 

 

小枝事件から数日たったある日。

 

 

 

会社周辺を一羽の鳥がうろついているのに気が付いた。

 

その鳥はつぶらな瞳でこちらを見つめながら、

まるで警戒しているかのように『 ピピッ 』と鳴き、

窓付近を何度も飛行していた。 

 

 

またある時は口に何かをくわえ、

またある時はまるで忍者のごとく素早く走り回る。

 

 

 

その姿はまるでジャパニーズ忍者。

 

『 NINJYA BIRD SEKIREI 』

 

そう、その鳥の名はセキレイである。 

 

 

 

 

 

 

そして私は先ほど、

自分が重要なことを口にしたのに気が付いた。

 

『 その鳥は、口に何かをくわえ 』

 

 

その「何か」とは何だったのであろうか?

 

 

 

不覚にも、私は目が悪い。

 

道端に落ちているごみ袋を白猫と見間違え、

「おいでおいで」と言いながら近づいていくような目である。

 

そのような目なので、

果たして セキレイのくわえていた物が、

小枝であったのか何だったのかさっぱり分からずにいた。

 

 

 

……そういえば 

 

会社の敷地内を歩き回るセキレイの姿を

奇遇にもカメラに収めていたのを思い出した。

 

 

 

--------------------------------

 

 

 

工場で撮った写真の中に、

3枚のセキレイの写真があった。

 

 

 

▶ 1枚目

 

何の変哲もない、ただのセキレイである。

 

 

何か言いたげな表情でこちらを見つめている。

『 餌をくれ… 』とでも言っているのだろうか。

 

 

私の家にもセキレイが食パンを貰いにやってくる。

 

 

去る時は『 ピピッ 』と鳴きながら飛んでいく。

なんとも愛くるしい鳥である。

 

 

 

 

▶ 2枚目

 

こちらのセキレイは何かをくわえている。

 

羽…いや、綿だろうか?

 

軽快なステップを踏んで歩くその姿は、

きっと綿を拾って喜んでいるに違いない。

 

 

 

 

 

▶ 3枚目

 

こちらも何かをくわえいるのが分かる。

 

細長い何かに見えるが、もしや…

 

 

小枝だ

 

小枝をくわえている。

 

そして心なしか、

『 小枝を大量に散らかしたのは私です… 』 

と言わんばかりに落ち込んでいるように見える。

 

窓付近に小枝が散乱していたのは、

このセキレイの仕業だったのだ。

 

 

 

--------------------------------

 

 

 

私は外へ飛び出し、 

小枝が散乱していた窓辺へと向かった。

 

今もなお小枝が少量落ちている。

 

 

そして、上を見上げて驚いた。

 

 

 

 

鳥の巣がある

 

 

  

 

それも2つ。

 

   

 

 

地面に落ちていた大量の小枝の謎。

 

それは、セキレイが巣を作るため、

せっせと小枝を運ぶ最中に落としていたものだった。

 

 

ちなみに、

セキレイはメスとオスが一緒に巣作りを行う。

 

2羽で巣作りを行うなんて…

オスはさぞかし子育てにも協力的なのだろう…と思いきや、

子育ては全くせず、主にメスが行うそうだ。

  

イクメンと呼ばれる方もいるだろうが、

なんとも人間らしいと言われている鳥である。

 

 

 

 

そしてまた数日後。

 

落ちている小枝を掃除しながら、

私は上を見上げる。

 

 

……が、もう驚いたりはしない。

 

 

小鳥が顔を出さないか

小鳥の鳴き声が聞こえないか

 

と、わくわくしながら巣を眺めているのであった。

 

 

 

 

~ 完 ~

 

 

 

 

 

( 散らかしてごめんなさい🕊 )

 

 

 

 

本日はこの辺にて。

また次回もよろしくお願いいたします+.゚(*´ω`)b゚+.゚