荻浜の海のミルク

 

 

記事のタイトルにしました、

 

『 海のミルク 』

 

みなさん聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

陸では、牛からミルクがとれます。

では、海からとれるミルク…(・ω・?)

 

ということは…

海にいる牛、ウミウシから出るミルク!

 

……いえいえ

全然ちがいます! Σ ゚ω゚≡( /)/

 

 

 

海のミルク、の名前の由来は、

 

・身の色が乳白色
・牛乳のように色んな栄養がある

 

ことから、海のミルクと名付けられております。

 

その正体は…

 

『 牡蠣 』です。

 

 

本日は、

荻浜名物の牡蠣をご紹介していきたいと思います。

いつもの通り、石森がお送りいたします+。゚(`-ω-)b☆

 

 

 

 

荻浜とはどこにあるのかといいますと、

牡鹿半島の真ん中よりちょっと上あたりにあります。

 

 

 

荻浜は牡蠣の養殖が盛んな地域です。

漁船がいっぱい泊まっていますね♪

 

 

近くに、牡蠣の加工場がありました。

 

 

海には、映りがちょっと遠いですが、

浮きんこがたくさんあります(*´ω` *)

 

 

これは、延縄垂下式養殖

(はえなわすいかしき)といい、

水中に吊り下げて行う養殖方法です。

 

 

 

多くの牡蠣の仲間は卵の状態で海を漂い、

幼生となった時に近くの岩場や岸壁に付着します。

 

そして、おいしいエサがある( ✧ω✧) !!

など、お気に入りの場所を見つけたら、

その場所に付着し、一生をその場所で過ごすようです。

 

 

 

その性質を利用しまして、

ロープにホタテの貝殻を何枚も重ね、

牡蠣の産卵期に海の中に垂らしておきます。

 

 

そうしますと、海中を漂っている牡蠣の幼生が、

ホタテの貝殻に付着します。

そこで少し成長し、小さな貝になったところで、

複数くっついている貝の中から、

生命力が強い、牡蠣の赤ちゃんを選びます。

 

よく植物などを育てる際にも行う、

間引き、という作業ですね((´ω`*)ウンウン

 

 

 

間引きによって選ばれた赤ちゃん牡蠣は、

『 種牡蠣 』と呼ばれ、

これから成長し皆さまの食卓へと運ばれてゆく、

選ばれし赤ちゃん牡蠣たちです(ΦωΦ)フフフ…

 

 

きっと浮きんこの下はこうなっているんだろうな、

という石森の想像でした(・ω・)

間違っていたら申し訳ありません。

 

 

 

牡蠣の写真は、仙台うみの杜水族館で撮ったもので、

養殖の過程が展示されてあり勉強にもなりますので、

水族館へ行かれる際は是非見てみてください(/・ω・)/♪

 

 

 

 

 

 

 

荻浜の海をながめていますと、

気になる物を発見しました。

 

 

遠くに見えます、

あの鹿のようなものは一体……(。・ω・)?

 

 

 

次回、荻浜の鹿の謎。

ではまた来週に続きます|壁|*・ω・)ノ”♪

 

 

森の秘密基地とその先~蛤浜~

 

たまには、石森以外の方が書く

ブログが見たいのではないでしょうか?

わたしは見てみたいです( *´艸`*)

 

しかし、本日も変わらず

石森がお送りいたします∩`・◇・)ハイッ!!

 

 

 

 

鮎川方面へ向かう途中、

山道を走行しておりますと…

 

おや、

なにやら可愛らしいツリーハウスが…( ✧ω✧) !

 

こちらは復興支援で作られたツリーハウスで、

注意書きを守って頂ければ自由に昇り降りができます。

森の中の秘密基地のようですね( *´艸`*)

 

 

ツリーハウス横のにあります、

脇道の長い階段を降りて行きますと……

 

 

ひっそりと隠れた

古民家カフェがあります。

 

 

知る人ぞ知る、とてもおいしいカフェで、

子供から大人まで多くのお客様で賑わっております。

ちなみに、石森もよく通っています(*・ノω・)コッソリ

 

 

 

その先の階段を下りて行くと…

エメラルドグリーン色した海が見えます♪

こちらは『 蛤浜 』です。

 

 

海の透明度が高くてとても綺麗です(*´-`)

 

 

写真には写しませんでしたが、

釣りをしている方も多くおりました。

 

 

 

今時期ですと、

先ほどご紹介致しました古民家カフェさん主催で、

自然体験というイベントが開催されるようです。

スタンドアップパドルサーフィンや、

カナディアンカヌーが体験できるようです。

※事前予約制のようなのでご注意ください

 

 

 

森と綺麗な海が近くにあり、

おいしい古民家カフェもある、

とてもいいところ蛤浜♪

ぜひ訪れてみてくださいね♪

 

 

ちなみに、ここも夕方あたりに鹿が出ます( *´艸`*)

 

 

本日はこの辺で、読んでいただきありがとうございます。

また次回もよろしくお願いします(人´ω`*)♪

 

 

牡鹿半島の隠れた海水浴場🐚

 

6月に入り気温がむしむしと暑くなり、

くもり空の日が多くなってきましたね。

もうそろそろ梅雨入りでしょうか(・ω・?)

 

くもりの日、石森が外に出るとぽつぽつ雨が降ってくる…

という迷信がありますので、ご来店なさるお客様は雨に気を付けてください…

本日もわたくし、雨女こと石森がお送りいたします。。。ρ(・ω・`)イジイジ

 

 

 

 

さて、本日ご紹介いたしますのは、

鮎川に向かう少し手前にありますこの場所です。

 

『 十八成浜 』

じゅうはちなりはま? いえいえ違います。


( 写真:震災後の十八成浜 ※現在は工事中で入れません )

 

 

『 くぐなりはま 』

と読みます フム(( ˘ω˘* ))フム

 

その由来は、

この砂の上を歩いたり棒などでつつくと「クックッ」と音がする、

鳴り砂で出来ている浜だったので、その名前が付いたそうです。

(・ω・)o0( 九+九=十八 なのかもしれません )

 

鳴り砂は珍しい現象として古くから知られてきたようで、

他にも宮城県では、気仙沼市大島の十八鳴浜がありますね。

 

 

 

牡鹿半島の十八成浜。

震災前は、海水浴場として多くのお客さんで賑わっておりました。

 

昔ばなしになってしまいますが、

わたくしも小さい頃からよくこの浜に遊びに来ていまして、

海水浴や釣りをして遊んでおりました(∩*´ω` )∩♪

 

海水も澄んでいてとてもきれいな場所で、

知る人ぞ知る!の

隠れた名所のような海水浴場です( *´艸`*)

 

 

 

その十八成浜を見守るように建っていますのが、白山神社。

 

時期が1か月ほど過ぎてしまいましたが、

以前は5/3に、お神輿を担いで海に入るお祭りが開催されておりました。

 

現在、海の方は工事中で入れなくなってしまっているため、

高台の新しい家々の方角へお神輿が回ったりするそうです。

 

 

 

 

十八成浜は、新しく砂を入れまた海水浴場にするという噂も聞いております。

鳴り浜ではなくなってしまうのでは…と思い寂しい気持ちにもなりますが、

海水浴場が復活し、また以前のような賑わいが戻ると嬉しいですね。

わたくしも再建が待ち遠しいです((o(*´ω` *)o))

 

 

 

では本日はこの辺で、読んでいただきありがとうございます。

また次回もよろしくお願いします(人´ω`*)♪

 

宮城の猫島・田代島

 

 

真夏のような日差しが出たと思っていたら、

今度はどんよりとしたお天気が続いております☁*

 

最近石巻ではあちらこちらで選挙カーが走りとても賑やかです♪

熱くなったり寒くなったりと気温の差も激しいので、

皆さま体調に気をつけてお過ごしくださいね。

 

 

本日もわたくし、石森がお送りいたします(∪・ω・)ゞ*

 

 

 

 

 

時々、猫島特集などであげられています、宮城の猫島。

もしかしたら、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

『 田代島(たしろじま) 』

 

会社に来て下さるお客様は、田代が訛って「たっしょ」と呼ぶ方が多いです(*´艸`*)

ではでは、今回はそんなたっしょのご紹介していきたいと思います♪

 

 

 

石巻港から船にゆられ約一時間…

※アクセス方法は最後に記載させていただきます

到着です(∩*´ω` )∩ワーイ♪

 

 

至る所に可愛い猫ちゃんが転がっております。

まさに、猫好きにはたまらない聖地です( ✧ω✧)キラーン!!

 

道案内してくれるように、前を進んでくれる猫ちゃんもいました。

 

 

 

 

 

島内には猫神社があり、猫神様が祀られております。

網漁をする為の事故で命を落とした猫を手厚く葬ったところ、

大漁が続き海難事故もなくなったと言われております。

そこから、島内で猫が大切にされるようになったそうです(`・ω´・ ;)ゴクリ

大漁祈願や漁の無事故、ペットである猫の健康・長寿を願う方が多いみたいです。

 

 

ふと見ると、お参りを見守っている黒猫がいました。

もしかしたら、猫神様なのかもしれませんね(*´艸`*)

 

 

『 猫ばかりで犬はいないの? 』

と思われる方もいらっしゃると思いますが、田代島で犬は猫の天敵とみなされており、

島内に入れてはいけない暗黙のルールとなっているそうです(乂・ω・´)ダメ-

(介助犬や盲導犬、災害救助犬は例外みたいなのでご安心ください)

 

 

 

 

ちなみに戦時中の歴史に興味のある方は、

島の高台には太平洋戦争などで旧海軍の主力となりました、

「九六式陸上攻撃機」

という攻撃機のプロペラが島の高台に置かれておりますので、ぜひ見てみて下さい❁*

 

 

 

そんな田代島、午前中の便で行きますと日帰りで楽しめますので、

猫好きな方や歴史に興味のある方は、ぜひ一度行かれてみてはいかがでしょうか♪(*´ω`*人)

 

 

 

 

◇ 田代島アクセス ◇

・網地島ライン発着所 石巻港 から船に乗り 仁戸田港 で降ります。

 

網地島ラインまで電車・バスの方は

石巻駅からミヤコーバス3番乗り場、市内循環線で『門脇二丁目』でバス停下車。

車の方は網地島ライン発着所に無料駐車場がありますので、そちらに駐車します。

 

◇ 石森的ポイント ◇

・お弁当などを持参がおすすめです(食堂が一か所しかありません)

・猫にエサやりは禁止です(猫ちゃんがおデブになるからです)

・島内に介助犬や盲導犬以外の犬は禁止(要するにペット犬が禁止です)

・猫好きの方は頑丈な心をお持ちください(家に帰りたくなくなります)

 

 

本日はこの辺で、読んでいただきありがとうございます。

また次回もよろしくお願いしますฅ(=✧ω✧=)ฅニャニャーン✧

 

 

鮎川港にある大きな船の謎

 

長いお休みが明けましたね。

皆様GWは楽しめましたでしょうか?

 

GWが明け、

『 やる気が起きないなぁ、人と関わりたくないなぁ 』

と思っている、そんなアナタ!

もしや5月病になってはいませんか?(・ω・?)

気分転換をしながら、ストレスを貯めない様にして下さいね♪

 

本日もわたくし、石森がお送りいたします(∪・ω・)ゞ*

 

 

 

さて、タイトルにしました

鮎川港にある謎の大型の船…

 

 

震災の時に流れ着いた船でしょうか?(・ω・?)

いえいえ違います。

 

 

『 第十六利丸 』

という船名の大型の捕鯨船です。

 

震災前には、

『 おしかホエールランド 』

と言う、クジラの博物館がありました。

その博物館の横に展示されてありましたのが、こちらの捕鯨船です。

現在はぽつんと、船のみが寂しそうに展示されてあります。

 

 

わたくしも小さい頃に何度か訪れていまして、

館内にはクジラの骨格標本やシアターなどがあり、

夏には『 鯨祭り 』というお祭りも開催しておりました。

 

海でドーン!とクジラを捕る演劇のような物もあり、

とても見ごたえがあったのを覚えております(´ω`*)ウンウン

 

 

鯨祭りは震災後、平成25年に復活しています。

震災前とは内容が変わっているとは思いますが、

今年も開催すると思いますので、是非とも足を運んでみてください♪

 

きっとおいしいクジラが食べられると思いますよ( *´艸`)

 

 

 

本日はこの辺で、読んでいただきありがとうございます。

また次回もよろしくお願いします(人´ω`*)♪

 

金華山沖に住む幻の魚

 

羽生結弦選手のパレードが22日にありましたが、

皆様は見に行かれましたでしょうか?(・ω・?

 

SNSでは『 羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権 』と言う投稿が話題で、

羽生結弦選手を撮ったはずがこんなことに… 失敗したけどおもしろい!

と言った投稿写真が沢山あるので、興味のある方は検索してみてください。

 

本日もわたくし、石森がお送りいたします(∩*´ω`*)∩♪

 

 

 

タイトルにしました、

金華山沖に住みつく、幻の魚の正体…

それは…

                       ( 御番所公園から見える金華山の風景 撮影者:石森 )

 

 

 

『 金華サバ <・ ))>< 』

金華山沖で捕れる、一定の大きさ、脂の乗り、

などの条件をクリアした大型のサバが、金華サバになります。

 

サバは回遊魚という魚で、

成長や環境により生殖場所を移動する魚なのですが、

金華サバは回遊せず、土地に根付くサバになります。

 

金華山沖にはおいしいエサが豊富にある、ということですね。

お魚ながら、地元愛がすばらしいです(´ω`*)ウンウン

 

 

ちなみにサバの旬は9月~1月とされております。

3月~8月は産卵期のようですので、今はちょうど産卵期ですね。

 

旬ではありませんが、

わたくしも先日金華サバの塩焼きを頂きました。

( ゚ ω ゚ ) ! ! 脂が乗っていて臭みが少ない

 

実は生臭い香りが少々苦手なわたくし(`・д´・ ;)…ですが、

一般のサバよりも脂が乗っていて臭みが少なく、とてもおいしいと感じました。

 

皆様も幻の金華サバ、機会がありましたらぜひ食べてみてけさいん( ~•ω•)~♪

 

 

本日はこの辺で、読んでいただきありがとうございます。

また次回もよろしくお願いします(人´ω`*)♪

 

牡鹿半島ってどんなところ?

 

気温も暖かくなり、桜も段々葉桜になってきました❀

 

会社のことももちろんですが、

地域の事も発信できればなぁ、と思っておりますので、

どうぞ温かい目で見ていただけるとうれしいです。

 

担当はわたくし、野村モータースの自称カメラマンこと

事務の石森がお送りいたします(/・ω・)/♪

 

 

 

 

従業員は毎日、整備や修理で牡鹿半島方面へ出張していることが多いです。

牡鹿半島(・ω・?

浜の方はご存知かと思いますが…

 

Q.牡鹿半島とはどの辺にあるの?

それ ……… ココ!

A.宮城県の海沿いのびょーんと飛び出ている場所が牡鹿半島です。

 

漁業がとても盛んで、お取引させて頂いているお客様が一番多い場所になります。

わかめ・ホヤ・ホタテ・かき・のり・ぎんざけ・などなど…

捕鯨や金華サバでも有名ですね(`・ω´・ )ゴクリ…

 

気温は石巻よりも牡鹿半島の方が暖かく、

会社付近で雪が降っていても、牡鹿半島では降っていなかったりするので、

「こっつで雪降ってねどー!」とお客様に言われることもしばしばありました(*´艸`*)

 

そして、この写真ですとわかりにくいのですが、

海がエメラルドグリーンで透き通っていてとても綺麗な場所です+.゚(*´ω`)b゚+.゚

 

ちなみに読み方は牡鹿(おしか)と読みます。

名前の通り、鹿はいるのかといいますと…

日中もですが夕方あたりから鹿が歩いているのが見れるそうです┗┻(・ω・)┻┛

 

 

本日はこの辺で、読んでいただきありがとうございます。

また次回もよろしくお願いします(人´ω`*)♪