宮戸島~不思議トンネルの水曜日~

 

11月も半ばになりましたね。

秋の気配が消え、一気に冬の匂いが感じられます。

 

早いところでは、

もうインフルエンザが流行っていると聞きますので、

予防注射はお早めに、お気を付けてくださいね(´・ω・`)

 

本日も石森がお送りいたします❁*。

 

 

 

 

 

~ 前回のあらすじ ~

 

 

 

先日奥松島を紹介した石森は、森へ続く道を発見する。

その道を進んで行くと、突如姿を現した謎のトンネル。

トンネル内部は薄暗く、灯りがないと少々不安である…

 

意を決して進むことにした石森。

謎のトンネルを進んだ先に待ち受けていたものとは…!?

 

 

後編です ε=┌( ・ω・)┘

 

 

 

石森はスマホのライトを頼りにトンネルの中へ進んで行きました。

軽自動車がギリギリ一台通れるか…と言うところです。

 

トンネル内部の壁はでこぼこしており、

途中で大きな空洞があったりと、なんだか不思議なトンネルでした。

 

 

ふと、ライトを上へ向けてみますと…

🦇

(*゚ロ゚)ヒイイイイ コウモリが…!

 

コウモリがいるトンネルは生きてきた中で通ったことがない…

と思いつつ、その場を小走りで突破しました。

 

🦇  ε=┌( *゚ロ゚)┘

 

 

 

トンネルを抜けますと道があり、遠くには海が見えました。

その先をどんどん進んで行きます。

 

よく見ますと、山には所々穴があけられております。

これは一体、何の穴なのでしょうか…?

 

 

そこへ目の前に一頭の熊が…!(๑・㉨・๑)

この穴は、くまの巣穴だったのです!

 

……といいますのは冗談で(*´艸`)

 

 

 

後々調べてみますと、

それはなんと、戦時中に遡ります(`・ω´・ ;)ゴクリ

この不思議な穴は、特攻兵器を隠し格納するための穴でした。

 

先ほど通りました謎のトンネルも人の手で彫られており、

兵器を運搬するために山を切り拓き、

トンネルを掘り兵器を隠し、出撃を待っていた……

とても歴史あるものだったのです(・ω・フムフム)…

 

ちなみに当時は、トンネル付近は近寄ってはいけない。

といわれていたそうで、近寄った方のその後は…

( 。-ω-) ご想像にお任せいたします。

 

 

 

 

 

そして、

トンネルを抜けた先にありましたのは…

 

使われなくなってしまった漁港。

船の周りには草が生え、フォークリフトは錆だらけに…

 

 

 

 

 

 

そして、

実は石森のお目当てでしたのが…

 

 

『 鮫ヶ浦水曜日郵便局 』

 

 

こちらの郵便局。

 

トンネルぬけると、そこには水曜日がありました。

というキャッチフレーズはご存知ありませんか?

 

水曜日以外の日は定休日。

開くのはもちろん、水曜日のみ。

 

そんな不思議な郵便局。

実はこの郵便局、普通の郵便局とは違うのです。

 

公式ページから専用用紙ダウンロードし、

その用紙に内容を書き鮫ヶ浦郵便局宛に送ります。

そうしますと、その手紙は別の誰かへ送り届けられ、

代わりに後日別の誰かからの手紙が自分のもとへ届く、

という仕組みになっているようです(/・ω・)/♪

 

 

例えますと、

島に住んでいる人が手紙を書き、

ビンの中に手紙を入れ海に投げると、

別の島の見知らぬ誰かに届く…

そんな感じですね∑d(d´ω`*)

 

 

この鮫ヶ浦水曜日郵便局は、

今年の12月5日には閉局してしまいます。

水曜日は、残り数日しかありませんね(・-・`*)

手紙を出してみようという方は、お早めに出してみてくださいね。

 

 

 

 

探索を終えた石森は、

また歴史あふれるトンネルを通り、その場所を後にするのでした。

 

(。´・ω・)。o0(コウモリ……)🦇

 

 

~ 完 ~

 

 

 

本日も読んでいただきありがとうございます、

また次回もよろしくお願いいたします(人´ω`*)♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です