荻浜の海のミルク

 

 

記事のタイトルにしました、

 

『 海のミルク 』

 

みなさん聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

陸では、牛からミルクがとれます。

では、海からとれるミルク…(・ω・?)

 

ということは…

海にいる牛、ウミウシから出るミルク!

 

……いえいえ

全然ちがいます! Σ ゚ω゚≡( /)/

 

 

 

海のミルク、の名前の由来は、

 

・身の色が乳白色
・牛乳のように色んな栄養がある

 

ことから、海のミルクと名付けられております。

 

その正体は…

 

『 牡蠣 』です。

 

 

本日は、

荻浜名物の牡蠣をご紹介していきたいと思います。

いつもの通り、石森がお送りいたします+。゚(`-ω-)b☆

 

 

 

 

荻浜とはどこにあるのかといいますと、

牡鹿半島の真ん中よりちょっと上あたりにあります。

 

 

 

荻浜は牡蠣の養殖が盛んな地域です。

漁船がいっぱい泊まっていますね♪

 

 

近くに、牡蠣の加工場がありました。

 

 

海には、映りがちょっと遠いですが、

浮きんこがたくさんあります(*´ω` *)

 

 

これは、延縄垂下式養殖

(はえなわすいかしき)といい、

水中に吊り下げて行う養殖方法です。

 

 

 

多くの牡蠣の仲間は卵の状態で海を漂い、

幼生となった時に近くの岩場や岸壁に付着します。

 

そして、おいしいエサがある( ✧ω✧) !!

など、お気に入りの場所を見つけたら、

その場所に付着し、一生をその場所で過ごすようです。

 

 

 

その性質を利用しまして、

ロープにホタテの貝殻を何枚も重ね、

牡蠣の産卵期に海の中に垂らしておきます。

 

 

そうしますと、海中を漂っている牡蠣の幼生が、

ホタテの貝殻に付着します。

そこで少し成長し、小さな貝になったところで、

複数くっついている貝の中から、

生命力が強い、牡蠣の赤ちゃんを選びます。

 

よく植物などを育てる際にも行う、

間引き、という作業ですね((´ω`*)ウンウン

 

 

 

間引きによって選ばれた赤ちゃん牡蠣は、

『 種牡蠣 』と呼ばれ、

これから成長し皆さまの食卓へと運ばれてゆく、

選ばれし赤ちゃん牡蠣たちです(ΦωΦ)フフフ…

 

 

きっと浮きんこの下はこうなっているんだろうな、

という石森の想像でした(・ω・)

間違っていたら申し訳ありません。

 

 

 

牡蠣の写真は、仙台うみの杜水族館で撮ったもので、

養殖の過程が展示されてあり勉強にもなりますので、

水族館へ行かれる際は是非見てみてください(/・ω・)/♪

 

 

 

 

 

 

 

荻浜の海をながめていますと、

気になる物を発見しました。

 

 

遠くに見えます、

あの鹿のようなものは一体……(。・ω・)?

 

 

 

次回、荻浜の鹿の謎。

ではまた来週に続きます|壁|*・ω・)ノ”♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です