鮎川港にある大きな船の謎

 

長いお休みが明けましたね。

皆様GWは楽しめましたでしょうか?

 

GWが明け、

『 やる気が起きないなぁ、人と関わりたくないなぁ 』

と思っている、そんなアナタ!

もしや5月病になってはいませんか?(・ω・?)

気分転換をしながら、ストレスを貯めない様にして下さいね♪

 

本日もわたくし、石森がお送りいたします(∪・ω・)ゞ*

 

 

 

さて、タイトルにしました

鮎川港にある謎の大型の船…

 

 

震災の時に流れ着いた船でしょうか?(・ω・?)

いえいえ違います。

 

 

『 第十六利丸 』

という船名の大型の捕鯨船です。

 

震災前には、

『 おしかホエールランド 』

と言う、クジラの博物館がありました。

その博物館の横に展示されてありましたのが、こちらの捕鯨船です。

現在はぽつんと、船のみが寂しそうに展示されてあります。

 

 

わたくしも小さい頃に何度か訪れていまして、

館内にはクジラの骨格標本やシアターなどがあり、

夏には『 鯨祭り 』というお祭りも開催しておりました。

 

海でドーン!とクジラを捕る演劇のような物もあり、

とても見ごたえがあったのを覚えております(´ω`*)ウンウン

 

 

鯨祭りは震災後、平成25年に復活しています。

震災前とは内容が変わっているとは思いますが、

今年も開催すると思いますので、是非とも足を運んでみてください♪

 

きっとおいしいクジラが食べられると思いますよ( *´艸`)

 

 

 

本日はこの辺で、読んでいただきありがとうございます。

また次回もよろしくお願いします(人´ω`*)♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です