金華山沖に住む幻の魚

 

羽生結弦選手のパレードが22日にありましたが、

皆様は見に行かれましたでしょうか?(・ω・?

 

SNSでは『 羽生結弦の写真撮るの下手くそ選手権 』と言う投稿が話題で、

羽生結弦選手を撮ったはずがこんなことに… 失敗したけどおもしろい!

と言った投稿写真が沢山あるので、興味のある方は検索してみてください。

 

本日もわたくし、石森がお送りいたします(∩*´ω`*)∩♪

 

 

 

タイトルにしました、

金華山沖に住みつく、幻の魚の正体…

それは…

                       ( 御番所公園から見える金華山の風景 撮影者:石森 )

 

 

 

『 金華サバ <・ ))>< 』

金華山沖で捕れる、一定の大きさ、脂の乗り、

などの条件をクリアした大型のサバが、金華サバになります。

 

サバは回遊魚という魚で、

成長や環境により生殖場所を移動する魚なのですが、

金華サバは回遊せず、土地に根付くサバになります。

 

金華山沖にはおいしいエサが豊富にある、ということですね。

お魚ながら、地元愛がすばらしいです(´ω`*)ウンウン

 

 

ちなみにサバの旬は9月~1月とされております。

3月~8月は産卵期のようですので、今はちょうど産卵期ですね。

 

旬ではありませんが、

わたくしも先日金華サバの塩焼きを頂きました。

( ゚ ω ゚ ) ! ! 脂が乗っていて臭みが少ない

 

実は生臭い香りが少々苦手なわたくし(`・д´・ ;)…ですが、

一般のサバよりも脂が乗っていて臭みが少なく、とてもおいしいと感じました。

 

皆様も幻の金華サバ、機会がありましたらぜひ食べてみてけさいん( ~•ω•)~♪

 

 

本日はこの辺で、読んでいただきありがとうございます。

また次回もよろしくお願いします(人´ω`*)♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です